社長ブログ

外壁の劣化、色あせとの事で大阪市生野区に現場調査に伺わせて頂きました。

2020年10月26日|カテゴリー「社長ブログ
こんにちは。リーサペイントの高見です
本日生野区のリフォーム会社様からのご依頼で
外壁の劣化、色あせが気になっていいるお客様の御自宅へ現場調査に伺わせて頂きました。

IMG_5846
ご覧の写真は側面の外壁になります。本来の濃い緑より少し白く色あせたように見えると思われます。
このように色あせた事をチョーキング現象と言います。ではなぜ外壁がチョーキング現象により色あせをするかご説明させていただきます。
紫外線や環境汚染により既存の塗膜が劣化します。劣化の進み方が、表面の塗膜が削れていくイメージでその削れた塗膜が表面に残り、白く色あせたように見えるのです。
簡単なチェックの仕方ですが、外壁に触ると手に外壁の色のチョークの粉のようなものが手に付着します。
一度触ってみください。塗り替えのサインの1つです。
IMG_5841
こちらの写真は外壁に付いています、雨樋です。
以前に塗装されたとき、恐らく水性塗料で塗装されてるかと思われます。
昔は、今みたいに優れた塗料もなくこのような劣化状況をよく見受けられます。今では雨樋など外壁の付帯部への塗装は
溶剤形のウレタン塗料か溶剤形のシリコン塗料が主流になります。

IMG_5837
日当たりが良いためどの面の外壁も劣化、色あせが目立ちます。外壁は皆さんが思われるより劣化します。
もし外壁塗装をするなら、ラジカル制御形塗料をおススメ致します。
このラジカル制御形塗料はとても優れていまして、お日様からの赤外線、環境汚染、雨風、カビ、などの劣化、色あせの発生をひとくくりにラジカルと言います。名前の通りそのラジカルを制御する塗料、ラジカル制御形塗料。
コストパフォーマンスもよく、塗る人にもよりますが仕上がりもピカピカです!
是非おススメします。

今回のように外壁の劣化、色あせやひび割れなど住まわれているお家や職場の外壁など
気になる事が御座いましたら、お気軽にお問い合わせください!

外壁の劣化やひび割れが気になるとの事で豊中市に現場調査に伺わせて頂きました。

2020年9月9日|カテゴリー「社長ブログ
リーサペイントの高見です。先日、外壁の劣化やひび割れなどが気になるとの事でお問合せ頂き
豊中市に現場調査に伺わせて頂きました。



IMG_4357-e1600853213293
こちらの写真のように、玄関や窓廻によくひび割れします。このようなひび割れのことをクラックと言います。
ひび割れなどが外壁にある場合は塗り替えのサインの1つですね。
IMG_4340
こちらの写真も窓の右下にひび割れがあります。配管の下には以前、補修した跡が劣化により目立ってきております。
外壁の劣化には紫外線などによる、ひび割れ、塗膜がはがれてきたり、塗膜が薄くなります。


IMG_4343
老化により配管の塗膜が剝がれてますね。
街を歩いていても、外壁のひび割れや老化を目にします。そのまま放置しておくとひび割れの幅が広くなり、やがて雨漏りをしてその雨漏りをした部屋の中の工事しなければならないようになるので
およそ、10年~15年を目安に外壁塗装をおススメ致します。

劣化やひび割れが起こる前に早めの外壁塗装をおススメする理由として、先程のそのまま放置しておくとひび割れの幅が広くなり、やがて雨漏りをしてその雨漏りをした部屋の中の工事しなければならないようになるのと
早めに外壁塗装をするにしてもまだ見た感じ劣化、ひび割れなどしてないからまだしなくていいと思われがちなのですが
もう一つおススメする理由として
10年~15年経って見た感じ劣化やひび割れが少ない状態の時に外壁塗装をした方が
劣化、ひび割れなどが少ない分下地処理も低コストですみます!

ですが、外壁塗装は安い買い物ではないので、当社とゆっくりとじっくりと考えてみませんか?
いつでもお気軽にお問い合わせください。

新型コロナウィルス感染症対策

2020年7月2日|カテゴリー「社長ブログ
リーサペイントの高見です。
只今、新型コロナウィルスで世間が大変なことになっております。
世の中が変わり、ウィルス感染対策を行う事とが常識になりつつあります。
弊社もウィルス対策に何か貢献できるか考えました。
そこで今回ご紹介させて頂きたい商品が御座います。
IMG_4123
関西ペイントの接触感染対策シートです。こちらの商品はドアノブ、手すりなどに
切って張るだけでウィルスが99.9%減少する
一般の方でも簡単に使用できる商品です。
IMG_4124
ウィルスはドアノブや手すりなど、至る所に潜んでいます。
ではこの商品の効果は?
それは自然素材のしっくいをコーティングしており効果を発揮しております。
接触感染対策シートの効果持続期間は約6か月です。かなりおススメです
IMG_4126
このようにドアノブ、手すりなど切って張り付けるだけです。
ウィルスは金属、プラスチックに付着するとしばらくの間潜んでおります。
貼り付け可能な素材は
ステンレス・木・アクリル・塩ビ・ガラスなど


是非この機会にいかがでしょうか。いつでのご相談可能ですのでお問い合わせください。

外壁塗装の必要性を

2020年5月7日|カテゴリー「社長ブログ
こんにちは。リーサペイントの高見です
今回は外壁塗装の必要性をご説明させていただきたいと思います。
一般の方からすると見た目が明らかに劣化しないと
まだ外壁塗装す必要ないか。
外壁塗装をしなくても生活に支障が出ないからまだ必要ないかな。など様々な理由があります。
ですが、お家は建てられた直後から紫外線や、雨、風、湿気、大気汚染、台風、地震などによって老朽化が進んでおります。
これらの自然の影響で外壁がひび割れたり、外壁.屋根にカビが生えたり、チョーキング現象が起きたり、鉄部も錆たり、木部は腐食します。
正直これらの現象が起きても生活には支障は出ませんが、さらに外壁塗装をあと伸ばしにすると雨漏りをして部屋の壁紙張り替えが必要になったり、お家の柱にまで影響を及ぼす可能性まであります。
このようなことが起きてから外壁塗装をするとなると
外壁や塗装する部分かなり傷んでいるためほんらいの塗料の効果が発揮出来ません。
そうなると本来13年耐候性ある塗料が9年しかもたなっかたり、経済的にも良くありません。
お身体で例えると、異常が無いと思っていて健康診断に行くと医師か何かゆわれた。
このようにお家も一緒で、外壁塗装をすれば見た目も綺麗になりますし、お客様のお好みの雰囲気にもできます
まずは、築10年~13年のお家に住まわれてる方は無料診断を依頼されてはいかがでしょうか。
弊社は大阪市住之江区の街を綺麗にさせていただき、お客様に満足して頂くよう全力で取り組んで参りますので
気になる方はご遠慮なくお問い合わせください。