社長ブログ

外壁の塗り替えのお問い合わせを頂き大阪市西成区に現場調査に伺わせて頂きました。

2021年2月10日|カテゴリー「社長ブログ
IMG_0285
大阪市西成区の方から外壁の塗り替えをしたいとの事で現場調査に伺わせて頂きました。
お家を建てて10年、写真をご覧の通り目立つ劣化もなく綺麗です。

色々お話しをお聞きしたところ外壁の色を塗り替えたいみたいで
ですが塗り替え時期でもなさそうだし分からないので弊社にお問い合わせを頂きました。


IMG_0278
こちらのお写真はサイディングボードの目地シーリングですが亀裂などなくきれいです。
日当たりなど環境状況によりますが、目安として新地から8年~10年程で亀裂などの劣化が見受けられるのですが
今回お問合せ頂いた大阪市西成区のお客様のお家は新築から10年経った今も綺麗な状態です。
IMG_0291
写真でご覧の通り、窓廻りのシーリングも亀裂もなく綺麗な状態です。

IMG_0293
外壁のチョーキング現象チェックです。
写真でご覧の通り多少の汚れはありますが、チョーキング現象までは起こっていないみたいですね。

チョーキング現象が起きている場合は外壁の塗り替えのサインの1つです。
さらに外壁高圧洗浄も念入りに行わなければなりません。
IMG_0283
外壁の側面もお隣にお家があるため劣化の進行も特にないです。
IMG_0288
外壁の裏面です。軒の天井が見えているのですが他のお客様のお家に現場調査に伺わせて頂いて、ほとんどの確率で軒の天井に蜘蛛の巣、黒ずみなど、何かしらの劣化は見受けられますが、今回大阪市西成区のお客様の軒の天井に蜘蛛の巣、黒ずみなどは見受けられません。
今回のお客様のように、外壁の塗り替え時期でもなさそうだし分からない、劣化などしているが問題はないのかな?お家を建ててまだ浅いけど色を変えたいなど分からない事や気になる事が多いかと思いますが
弊社にお問い合わせ頂きましたら
現場調査に伺わせて頂き、お客様のお家に合った外壁の塗り替えプランをご提供させて頂きます。
どうぞご遠慮なく弊社にお問い合わせください。

大阪市生野区 雨漏りと外壁塗装の現場調査に伺わせて頂きました

2021年2月1日|カテゴリー「社長ブログ

IMG_71151-e1612139730179
こんにちは。リーサペイントの高見です
本日、リフォーム会社様からのご依頼で大阪市生野区に雨漏りと外壁塗装の現場調査に伺わせて頂きました。
お問合せ内容は正面の外壁から雨漏りしておりまして、雨漏りの箇所を補修して外壁塗装をするとのことでした。
IMG_71161-e1612140116486
正面を全体写真ですが、正面のみ石彫の外壁です。
少し特殊な工法ですがご覧の通りタイルのように見えて
おしゃれな外壁です。
この正面の外壁から雨漏りしています。
IMG_71171-e1612140170568
拡大した写真です。黒い線上の所ですが目地といいます
この目地の所か雨漏りしていて、外壁塗装をする場合念入りに下地処理をする必要があります。
IMG_71201-e1612141011454
ご覧の写真は左側の外壁で窯業系サイディングの外壁です。
隣に家が建っているので、見る限り劣化していなのかと思いましたが、触って見るとチョーキング現象していました。
ショーキング現象とは、紫外線や環境汚染などによって塗膜が傷み、その傷んだ塗膜が外壁に付着していて触ると手にチョークの粉のような物が付きます。この様なことをチョーキング現象と言います。
外壁塗装をしていない新築のお家で8年~10年程でチョーキング現象が起きます。外壁塗装をして何年でチョーキング現象が起きるかは、外壁塗装をした時の塗料によって異なります。
IMG_71281-e1612142573712
ご覧の写真も、左側の外壁です。
窯業サイディングの継ぎ目のシーリング箇所の写真です。

ひび割れしているのですがこのひび割れも雨漏りの原因の一つですので外壁塗装をする前にシーリング工事も必要になります

シーリングの劣化は外壁塗装の塗料より劣化が早く、車が通る振動などで建物が揺れシーリングのひび割れに影響を及ぼします。

ですがシーリング工事をしてその上から外壁塗装を行えばシーリングの耐久性もよくなります
お住いのお家によって下地処理など外壁塗装の内容が異なりますので
気になる事やご不明な点等御座いましたら
弊社にお問い合わせください!

大阪市住之江区の外壁塗装お考えの皆様へpart2

2021年1月22日|カテゴリー「ホーム
⑦外壁塗装上塗り2回目
この工程が仕上げになります。仕上げの時の注意点は上塗り1回目と同様、塗り残しを無くムラにならないように仕上げるのがポイントです。
外壁塗装でよく使用されている上塗り材の種類と耐用年数をご紹介させていただきます。
アクリル樹脂系5~7年
ポリウレタン系8~10年
シリコン樹脂系12~15年
ハイブリッドシリコン樹脂系14~16年
フッ素樹脂系15~20年
この塗料が主に使われている材料です。
⑧養生バラシ
はじめに養生したのをばらして行きます。養生をばらすときもただばらすだけではなく養生のゴミが飛んで行かないように注意しながらバラします。
⑨鉄部.付帯部.ケレン、さび止め
雨樋や庇板金や横樋や破風など外壁に付帯している部分を塗るにあたって、まずケレンをします。ケレンはペーパーや皮すきなどケレン道具を使って浮いている旧塗膜を削って行きます。このケレン作業を正確に行わなければ、旧塗膜が浮いてる所に新しい塗料を塗布しても未着しないので意味がありません。下地処理は手間と時間が掛かりますが
正確にしてこそが本当のプロです。
ケレン作業をしてからさび止めを塗布します。
さび止め塗料は赤さび色、白さび色、グレーさび色、黒さび色、と上塗り材に合わせて塗り分けます。
⑩鉄部.付帯部上塗り1回目
外壁の上塗り1回目同様塗り残しやムラにならないように塗るのですが、外壁の上塗り1回目とは違うのが注意点で何が違うのかと言うと、溶剤系塗料で鉄部.付帯部は外壁のように柄もなく基本的にはフラットなのでムラなどが目立ちます。
ですのでこの工程も大事なことがわかりますね。
⑪鉄部.付帯部上塗り2回目
外壁の時と一緒です仕上げの工程になります。仕上げの時の注意点は上塗り1回目と同様塗り残しを無くムラにならないように仕上げます。この時にホコリやゴミが上塗り1回目を塗布して乾く前に付着する場合がありますので仕上げに入る前に確認して、付着していたらケレンを行ってから仕上げを行います。
鉄部.付帯部でよく使用されている上塗り材の種類と耐用年数をご紹介させていただきます。
1液ウレタン樹脂塗料8~10年
2液ウレタン樹脂塗料10年~12年
シリコン樹脂塗料10年~15年
このようになります。
例えば海岸沿いや大通り沿いや雪が積もる場所など環境条件で塗料の耐用年数も変わってきます。

⑫手直し.掃除.点検
鉄部.付帯部を塗装した時飛散して外壁に付いて汚れた場所を部分的に塗りなおします。
手直しが終わった後に、窓や床が汚れている床を掃除しベランダやお家の外周を掃き掃除じ最後に点検します。
ここまでが外壁塗装の流れになります。
この他にも屋根塗装工事や防水工事などブログ、施工事例でご紹介させていただきますの目を通していただければと思います。
弊社は大阪市住之江区の街を綺麗に美しくしていきます!
外壁塗装をお考えの方、気になる方はご遠慮なくお問い合わせください。

大阪市住之江区の外壁塗装をお考えの皆様へ

2021年1月22日|カテゴリー「ホーム
皆様こんにちは、リーサペイントの高見です。リーサペイントのブログをご覧頂いた方に外壁塗装の事をより詳しく
実際に外壁塗装をお考えの皆様にお役に立てればと思います

外壁塗装と言っても塗料の種類や、塗装する箇所もいっぱいあります。
まずは外壁塗装工事の流れを簡単にご説明させていただきます。

①仮設足場②高圧洗浄③養生④外壁下地処理⑤外壁下塗り⑥外壁上塗り1回目⑦外壁上塗り2回目⑧養生バラシ
⑨鉄部.付帯部.ケレン、さび止め⑩鉄部.付帯部上塗り1回目⑪鉄部.付帯部上塗り2回目⑫手直し.掃除.点検
このような流れになります。
では①~⑫までご説明いたします

①仮設足場
工事をするにあたって、お家の周りを単管パイプなどを使い工事をしやすいように近隣の方に迷惑の無いよう
足場組んでいきます。
②高圧洗浄
塗料のノリを良くする為に旧塗膜に付いている苔やカビや汚れチョーキングしているのを洗い流します。
チョーキングと言うのは、塗料が紫外線や雨、風によって塗膜が削れ触ると粉が付く現象の事です。この高圧洗浄をしっかり行わないと、ムラになったり新しく塗る塗料の機能を最大限に発揮しなくなりますので、高圧洗浄もかなり大事ですね。
③養生
塗装するにあたって汚してはいけないところ、窓、床、給湯器などお客様の大事な物、近隣に塗料が飛散しないようになど、とにかく塗らないところ、汚してはいけないところをビニールやガムテープなどを使い養生していきます。
④外壁の下地処理
クラック旧塗膜の捲れや素地から浮いてるところを、補修していきます。
クラックとよくお聞きすると思いますがクラックとは二種類あり、クラックとヘアークラックがあり
ヘアークラックは名前の通り髪の毛程の細さで、次にご紹介します微弾性フィラーと言う材料で処理することが出来ますが、クラックは太くひび割れしており電動工具を使いクラックに沿ってV状に削り込みます。この事をVカットといいます。
この工程をせずに塗料で埋めると、一時は綺麗に見えますが日にちが経ちますと割れてきます。
そうするとそのひび割れた箇所から雨漏りなどする可能性がありますのでこの下地処理もとても重要な作業ですね。
⑤外壁下塗り
上塗り塗料を塗るにあたって密着を良くする為の微弾性フィラー塗料であり
先程言いましたヘアークラックを処理することも出来ますが、旧塗膜や既存の壁次第ではシーラーと言う下塗り材を使用することもあります。材料の詳細は施工事例、ブログでその都度ご紹介させて頂きます。
⑥外壁上塗り1回目
外壁下塗りを完了したあとにお客様に選んで頂いた材料と色を2回塗り重ねるうちの1回目です。
1回目で塗り残し、ムラを出来る限り無いように塗るのがポイントで仕上がりの差は1回目の段階で出てくると思われます。

今回は①~⑥までご説明させていただきました。次回⑦~⑬までご説明させて頂きますのでご覧になってください。
また弊社は地元大阪市住之江区の街を綺麗に明るい街にしていきたいと常に思っております。
気になる点が御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

外壁のひび割れが気になるとの事で大阪市住之江区に現場調査に伺わせて頂きました。

2020年12月25日|カテゴリー「社長ブログ
こんにちは、リーサペイントの高見です。先日、建物を建ててから一度も外壁、屋根塗装工事をしてをられなく、外壁にび割れが多く、屋根が色あせてるとの事で外壁、屋根塗装のご依頼を頂き大阪市住之江区に現場調査に伺わせて頂きました。
このコロナ禍でこのようにご依頼を頂いて、とても感謝です。ありがとうございます。



IMG_7161-e1608852704955
ご覧の写真は外壁にひび割れが生じております。
かなり幅の広いひび割れですので、このままにしておきますと雨漏りの原因になりますし大掛かりな下地処理も必要になってきますので早めの処理がおススメです。

ご覧の写真は縦にひび割れてますが、横にひび割れしている場合は要注意です。
なぜかと言いますと、雨が降って外壁に水が伝って流れたときに縦のひび割れですと横のひび割れに比べて、ひび割れに入りにくいですが、横のひび割れは外壁に水が伝ったときに直接ひび割れに入りやすいので雨漏りがしやすいと言う事なので要注意なのです。
IMG_7167-e1608853624774
ご覧の写真は外壁のひび割れにお客様がご自身でシリコンのコーキングでひび割れを埋めております。
シリコンのコーキングでひび割れを埋めるのはあっているのですが、シリコンを外壁に使いますと外壁塗装を行う際に塗料が密着しないようになりますので、ご自身で外壁のひび割れを埋める場合は変成シリコンと言うコーキングでひび割れを埋める事がおススメです。
IMG_7166-e1608854869142
こちらの写真は、外壁の一部が割れており外壁の縦目地、横目地のコーキングが劣化により無くなりつつあります。
このような場合は早急に処理を行わなければなりません。
外壁の割れもコーキング目地の劣化も雨漏りの原因になりますし、早めの工事を行わなければ余分な費用も掛かってしまいます。
もう一つ個人的な意見になりますが、このように外壁のひび割れやコーキング目地の劣化の箇所が多かったり、外壁のひび割れやコーキング目地の劣化がひどければひどいほど
外壁塗装を行う際に費用も掛かりますが
外壁のひび割れやコーキング目地の劣化の処理が大掛かりになればなるほど、仕上がりにも多少の影響が出ますので早めの工事をおススメ致します。

お仕事のご依頼を頂く以上、全力で仕上げて全力で喜んで頂きたいです。
その他きになる点がございましたら、当社にお気軽にお問い合わせください!